はじめましての方も、そうではない方もこんにちは。

ふざけたことを大真面目にやることがモットーの安藤健人です。

このページでは、暇で暇で仕方がない方に向けて僕の自己紹介をしたいと思います。

たった一度しかない人生の貴重な時間を、無駄に使ってしまっても後悔せずに笑顔でいられるという超ポジな方のみ、この続きを読んでみてください。

東京で会社を経営しています!

僕の後ろに写っている、とても立派なビルが見えますでしょうか。

そうです。このビルは弊社のビルとは全く関係ありません!

弊社は2018年に世田谷区のアパートの一室からスタートしました。

数度の移転を経て、現在は東京都中央区に移転をしています。

従業員は常時2~3人程度の小さな会社です。

青汁王子の会社で成果を作った男

これは、2014年7月の写真です。真ん中に写っているのは、青汁王子こと三崎優太さんです。

僕は18歳から20代の中頃まで、青汁王子と一緒に多くの経験をし沢山のことを学びました。

この時は、スタッフは僕以外に右に写っているもう一人だけしかいませんでした。青汁を売り始めて間もない時ですね。

青汁王子の会社がまだ「メディアハーツ」という名前だったころです。

右の彼は今、年商80億円の関連会社を任されている敏腕社長です。

かたや僕は独立して、8年が経ちます。

いまだに仲良くしていただき、ことあるごとに声をかけてくださいます。

青汁王子の話を抜きで僕の経歴は語れないので、ここから、少し時間をさかのぼります。

三崎優太(青汁王子)と僕の出会い

三崎優太とは、中学校の同級生です。

1年生の時に、別のクラスで仲良くもなかった三崎が僕に話しかけてきました。

「君、柔道やってて強いんだってね!僕のことぶん投げてくれない?」

次の瞬間、内股という技でぶん投げてやりました。

投げられた三崎は、なぜかえらく感動したようで、それから僕たちはとても仲良くなりました。

彼とは、2年生の時と3年生の時に同じクラスでした。不器用だけどとてもいいヤツでした。

僕はスポーツ推薦で高校に進学すると決まったので、夜に10kmくらいランニングをしていたのですが、三崎は、暇つぶしに軽装で現れてらくらくと10km走ってついてくるんですね。

そんな人懐っこいやつでした。

高校3年生卒業間近の冬にアフィリエイトスタート

僕は札幌の高校に進学をし、三崎も同じく札幌の別の高校に進学しました。地元からは4時間半の距離があります。

2009年の3月、高校3年生の時です。

急に三崎から電話がかかってきて

「健ちゃん、すごくいいのを見つけた!」と言ってきました。

話を聞くと、「アフィリエイト」というインターネットで稼ぐ方法とのこと。

三崎は、パチプロのようなことをしていたので、ちょっと怪しく感じました。

その頃はインターネット黎明期だったので、インターネットで稼ぐ方法なんてあるとは知りませんでした。

3~4回断ったと記憶しています。

4月に入り、僕は美容専門学校への進学のため東京へ。

東京と札幌で距離があるにも関わらず、三崎は諦めず僕をアフィリエイトに勧誘しました。

その熱意に負け、東京に出てすぐにPCを購入し、アフィリエイトをスタートしました。

最初はサイトの作り方も、HTMLもわからないので苦労しました。

アフィリエイトの師匠に呼ばれた

同年4月、三崎がアフィリエイトを知るきっかけとなったの著者の方に呼ばれて、渋谷の「ラ・ボエム」に一緒にいきました。

衝撃が走りました。

その方は、堂本剛のようなクセのある服を身にまとい、綺麗な女性の肩に手を回しながら

「おつかれっす~!」みたいな超軽いノリで現れたんです。

いかにも成功してますみたいな感じで、東京にはこんな人がいるんだと驚いたのを覚えています。

その方は当時まだ20代前半なのに、すでに大成功しているIT企業の社長さんでした。

緊張しすぎて何を話したのか覚えていませんが、三崎に東京に出てくるようにと熱心に誘っていました。

ちなみにその社長さんは、今も大成功しています。かなり丸くなりました。

その少し後に、三崎は東京に出てくることとなります。

人集めに尽力

三崎が東京に出てきてから、さらに拡大をすることを考えていました。

サイトを運用するために、人手が必要だったので僕は同級生に声をかけました。

中学からの同級生が数人、美容専門学校の同級生数人が一緒にやってくれることとなり、メンバーが増えていきました。

はじめてからすぐに、みんな大金を稼ぐようになります。

三崎が取り分を決めて配分していました。プチフランチャイズみたいな感じですね。当時18歳です。

カンタンに稼いだかというと別にそうではなく、しっかりと作業をしないと稼げないため仲間のみんなは頑張ってくれました。

僕が2年間の美容専門学校での勉強を終え、卒業するころには発起人である三崎はすでにかなりの資産を蓄えていました。

これは、港区で参加した成人式の写真です。時代を感じますね(笑)

メディアハーツに就職

僕は美容師にならず、卒業と同時にメディアハーツに入社することとなります。20歳の時です。

事務所は原宿の竹下通りにありました。

すでに5~6人の正社員が雇われており、ガラケーの「月額」サイトの作成に力をいれていました。

順風満帆に見えましたが、その時のスタッフの一人が三崎を裏切ったようで、落ち込んだ三崎は会社を休眠させます。

僕は4月に入社し、7月に退社したのでわずか3ヵ月しか一緒に仕事ができませんでした。

2~3社を転々と移る

その後僕は、東京都内のIT会社での仕事を2年ほど経験します。その時にパソコンのブラインドタッチを覚えました。

当時入った会社はどこもめちゃくちゃブラックだったので、1年以内に会社を変えていました。

2011年、東日本大震災が起きたのをきっかけに自分の人生を考えるようになります。

「人間いつ死ぬかわからないのに、こんなブラック企業で楽しくない仕事をしていては後悔する!」

せっかく美容専門学校を卒業したのに、美容師として働いたことがなかったので、ブラックIT企業を退職し下北沢の美容室で2年半ほど働きます。

これがその時の写真ですが…

目つきが怖いですね。この時が人生で一番貧乏でした。

2013年にメディアハーツ再始動

25歳の時です。僕が別の美容室に転職をしようかと考えているタイミングで、また三崎から電話がかかってきました。

「健ちゃん!またうちの会社で働け!」

と言ってくれました。きっと儲かるからと熱く語ってました。

これが、5年近く休眠状態だった会社を三崎さんが復活させるタイミングです。

スタッフは誰もおらず、三崎が一人で株やFXで運用して資産をさらに大きくしていました。

三崎の作戦としては、事業を2本立てで行くとのこと。

  • 情報商材事業
  • 通販事業

当時は、与沢翼が山手線を広告ジャックしたりしてかなり情報商材業界が盛り上がっていました。

また、周りの会社で「ネット通販」をやっているところが儲かっているらしいというのを聞きつけたみたいです。

僕は、情報商材事業の方の立ち上げを任されることとなりました。

5年の時を経て、2013年の8月からまた僕はメディアハーツで仕事をすることになります。

どうして僕が選ばれたのか?

どうして三崎は僕のことをこんなにも熱心に誘ってくれたのでしょう?

1ヵ月以上、毎日三崎から電話がかかって来ていました。

当時は、仲が良かったからかなくらいに思っていましたが、今となっては何となく理由がわかります。

きっと三崎はさみしかったんだと思います。

信頼していた社員に裏切られ心に傷を負いました。5年も会社を休眠させるほどです。

このころの三崎は「おれは太く短く生きる!」「50歳くらいまで生きられれば十分」

と言っていました。

僕も経営者となった今だからわかりますが、経営者は孤独です。

ずっと一人で戦っているような気がしてしまうことだってあります。

そういう思いにとらわれたときに、今まで仲良くて裏切ったりすることが考えられない僕に白羽の矢が立ったのは、もしかしたら当然の流れだったのかもしれません。

2023年現在、多くの人に愛されていて、近くに信頼できる優秀な仲間もたくさんできていますね。

YOUTUBEで沢田くんやはたけんと一緒に楽しそうに海外を旅している三崎を見ると、本当に良かったと感じます。

再スタートしたメディアハーツの初期

情報商材事業の立ち上げをするために、僕は本を読んで勉強しました。

調べていくと、情報商材業界は落ち目だということがわかりました。

かなり勢いがあった与沢翼が、ホームレスに転落というニュースが出たのもこの時期です。

早々に撤退し、次に「SEO事業」を立ち上げることになりました。

三崎から言われたのは

「健ちゃん、青汁ってワードで1位にして!」

という課題のみでした。

毎日、電車の中でスマホでSEOについて調べ、家に帰ってからは自分でサイトも立ち上げて運用したりしながらノウハウを蓄積してきました。

ですが、これはかなり無謀でした。

一般的に、SEOで上位表示するまでには最低でも半年はかかると言われています。

ましてや、青汁というキーワードはSEOで1位になると、月間300万円位のアフィリエイト報酬が見込める超競合ジャンルです。

猶予が3ヵ月しかない中でベストを尽くしましたが、青汁で1位に上げることはできませんでした。

同時進行で青汁の作成に、通販事業を任されたもう一人のスタッフが着手します。

みんなで、バーに青汁を持っていき、いろんな飲み物と混ぜました。

緑色の青汁と、赤いトマトジュースを混ぜてどす黒い液体が出来上がったときには、正直

「これ、無理なんじゃないか?」と思いました。

ですが、そこで諦めないのがメディアハーツ精神です。

もう一人のスタッフがOEM会社にいくつも問合せ、フルーツ青汁の提案をもらい開発にこぎつけました。

準備していた青汁の商品が出来上がるころに、僕が青汁の販売ページ「LP」を作ることになります。

青汁が嘘のように売れた!

青汁の販売ページには、情報商材のことを勉強した際に学んだ「ダイレクトレスポンスマーケティング」の技術をふんだんに盛り込みました。

これは、かんたんにいうと心理学を取り入れたセールスの技術ですね。

青汁のLPが完成して売り始めてみると、やはりかんたんではなく初期はあまり売れません。

そこで、僕が自分が個人的に運営してたサイトで行ってうまくいった「あるキャンペーン」を1ヵ月目の終わりに仕掛けました。

すると一気に認知が広がり、青汁が飛ぶように売れるようになりました。

僕の作ったLPは、成約率が1%行けば上々と業界では言われている中で、10%を超える成約率をたたき出していました。

当時、ダイレクトレスポンスマーケティングを高いレベルで取り入れたLPというのが少なかったからです。

当時は「日本一売れるLP」と言われました。

そんな感じでうまくいって一安心と思ったときに、大きな問題が発生します。

社長!青汁の在庫が足りません…!

かなり大きな製薬会社さんで青汁を作ってもらったのですが、青汁が売れすぎて生産するスピードが追いつかないということがおきました。

定期コースでお申込いただいたお客様にお届けする商品がないと、お客様は続けることができなくなってしまい、二度と商品を購入しなくなってしまうかもしれません。

三崎は、スタッフに考えさせました。

「どうしたらこの問題を乗り越えられるか?」

三崎のすごいところは、「なぜこうなった?」という質問をしないところです。

どうしたらうまくいくかのみをスタッフに問い続けます。

できなかった理由を問うと、スタッフはたちまち言い訳を考え始めます。これは僕が経営者になってからも大切にしている考え方です。

この時にスタッフは4人に増えていたので、みんなで何日も頭をひねって考えました。

そしてついに…

当時日本ではどこもやったことがないような方法で、青汁の製造をなんとか間に合わせることができました。(企業秘密のため内容は書けないのですが…)

商品在庫が足りなくなりそうであれば、普通は広告を緩めて新規のお客様の獲得を減らして調整します。

ですが、三崎はそれを許しませんでした。

うまくいっているときに、ブレーキをかけないということを徹底し、1億円近くを投入していたと思います。

もしあそこで、三崎がブレーキをかけていたら、今のような大成功が少なくとも3年は遅れていたと感じます。

商品の製造が追いつくまでの数か月、苦しい戦いでしたが、青汁が潤沢にできあがってくるころには、月の売り上げが1億円を超えていました。

僕たちは、業界でも登り竜のように名を上げ、かなり有名になっていました。

立て続けに2商品目も成功

2商品目は化粧品でした。

僕はこの化粧品のLPにもダイレクトレスポンスマーケティングの技術を取り入れて作成します。

これは、当時僕がFacebookでつながっている方に向けてアンケートを取った時のものです。

工夫さえすれば、費用をかけずにマーケティングを行うことができると、この時に学びました。

結果は、こちらの化粧品も売れ行きが好調でした。

メディアハーツは1年経たず、通販業界でも確固たる地位を築き始めていました。

このころさらに、僕が仕掛けた青汁のSEOが時間差で功を奏し、見事「青汁」というキーワードでホームページが1位を獲得しました。

そんなすべてが順調にいっているように思えたころ…

僕は三崎と揉めて会社を退職します。

詳しくは書けないのですが、2015年の8月に三崎の家で口論になり、同じ月の8月末に僕は退職する運びになりました。

長くなりましたが、ここまでが僕が独立するまでのストーリーです。

後半も近日アップしますので、今しばらくお待ちください。